Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/lemation/www/rental-office-time/rental-office-time/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

横浜(都筑)のレンタル、バーチャルオフィス。業界最安値水準

レンタルオフィスタイム 横浜都筑の専用デスク・バーチャル

バーチャルオフィス レンタルオフィスのメリット・デメリット・注意点 レンタルオフィス

バーチャルオフィス(横浜)の平均額とHPの記載には注意

更新日:

東京に限らず、神奈川(特に横浜)には多くのバーチャルオフィスが存在します。

利用者のメリットは、コストが安いこと、そして自宅の住所を公表することなくビジネスができるという点です。

電話秘書代行サービスは減りつつある

横浜市には20社ほどバーチャルオフィスを提供している企業があります。

提供をしているサービス内容は、どこも大きな違いはなく、主に住所貸し、法人登記、郵便物の転送などです。

これらにオプションとして、電話秘書代行サービスも加えることができます。

ただし、電話秘書代行サービスの需要は減りつつあります。

その理由は、スマートフォンの普及で外出先でも当社が提供をしている様なサービス「外から045発信」が増えているからです。

お客様からの問い合わせが、仮に一日に5件ほどの場合は、わざわざ月額1万円近くの料金を払わなくても、自分で対応をするケースが増えています。

 

横浜市内のバーチャルオフィスの平均金額は?

横浜を含む神奈川の平均額(私書箱サービスを含む)は、一か月あたり6200円ほどです。

もちろん、付随するサービスによるため、金額だけで判断はできないのですが、この金額が割高なのか、割安なのかの判断のベースになります。

 

平均額を大幅に下回る業者は、潜在的に潜むリスクがある

横浜でバーチャルオフィスの提供をしている企業の中には、1か月に3,000円台でサービスを提供しているところもあります。

しかし、それらの企業の規約やホームページをみると、デメリットとして「多くの会社が同じ住所を利用している」と記載されています。

つまり、安ければ安いほど住所を借りる人数も増えることになり、なかには1社で複数の住所ごとにバーチャルオフィスを利用することもあります。

これが結果として他の健全に業務を遂行している会社の迷惑となっています。

大都市圏の駅周辺にあるバーチャルオフィスは、この傾向が顕著で、割安競争に加わらないと新規顧客の獲得にならないため、利用者本位のサービス提供とはかけ離れてしまっています。

 

コスト削減だけに目がいってしまうと大きなリスクを背負うことに

バーチャルオフィスのメリットは、自宅に居ながら外の住所を借りることができるのでコストの削減になります。

特に女性が起業をした際には自宅住所を登記することなく、またネット上にも記載しなくても良いことから、利用する価値は十分にあります。

しかし、ネット起業家の多くが、いきなり一等地で事業を開始することはありません。お客様はその会社がどこにあるのか確認をします。

その時に、一等地であれば逆に怪しく思い、それがレンタルオフィスの住所とすぐに分かります。

また、その住所を検索した際、そのレンタルオフィスの業者名が表示されてしまうと、これもすぐに本当の住所ではないと信用を落とす原因になってしまいます。

 

質より量を重視しているところは避けましょう

広告の表現にも注意が必要です。

例えば、「国内一等地の住所が今だけいくら」、「一等地の住所が格安で借りれる」、などと宣伝をしている業者は、

利用者が少しでもコストを抑えたいというニーズに対して数多くの顧客を取り組みたいがための広告文句です。

業者は、ただ利用者が増えれば良いだけで、煽るような文句を考えます。

数が増え過ぎると、中には法令違反を犯している会社も入っていることが多いものです。

また、1つの住所に多くの会社登記を促している業者は、はじめの審査のみで、その後、細かな追跡調査などもしません。

なかには、会社登記数を一定数で締め切るところもありますが、稀なことです。

結局は、自己責任となってしまうため、あまりに派手な広告を打っている業者、そして明らかに利用者が多いとことは、避けた方が良いでしょう。

 

レンタルオフィスタイムのバーチャルオフォスは金額面と信用面の両方兼ね備えています
↓↓↓

レンタルオフィス・バーチャルオフィスサービス一覧はこちら

また、レンタルオフィスタイムでは、更に自習室や起業準備室として、一時間300円で利用をすることができます。

 

オフィスの見学、ご質問は、下記メールフォームよりお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

■ご用件を以下から選択しチェック印をつけてください(チェックがないと送信できません)。
オフォスの見学を希望される場合は、候補の日時を3つほどご記入下さい。

オフォス見学問い合わせその他

メッセージ本文

← 内容確認してチェック入れて下さい。チェックがないと送信できません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

この記事も読まれています

1

  今回はバーチャルオフィスとレンタルオフィスの利用方法について決定的な違いについて解説をします。 レンタルオフィスはいつが始まり? レンタルオフィスは、1978年に1つの住所に複数の会社が ...

2

  バーチャルオフィスの利用目的は様々 以前にもバーチャルオフィスの利用者が増えているとお伝えしましたが、単に起業の為に使う以外に、様々なニーズが増えてきています。 今回はここ最近お問い合わ ...

3

横浜市都筑区にバーチャルオフィスサービスを提供しているレンタルオフィスタイムでは、安心して末永くご利用して頂くために、色々な施策をしています。今回はその一部について記載します。 バーチャルオフィスは増 ...

-バーチャルオフィス, レンタルオフィスのメリット・デメリット・注意点, レンタルオフィス

Copyright© レンタルオフィスタイム 横浜都筑の専用デスク・バーチャル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.